2017年07月29日

ご家族様からお便りをいただきました(7月29日投稿)

 蒸し暑い日が続いておりますが、みなさまお変わりございませんでしょうか。
 入居者様の家族様から投稿を頂きましたので、掲載させていただきます。

IMG_1660 (800x600).jpgIMG_3572.JPG


 2011年の初めからお世話になっています。母は93歳。父の他界後はひとりで暮していましたが、膝が悪くなって入院しました。そして、退院と同時にアットホームふじたに入居しました。
 以来6年半にわたり順調にすごしてきましたが、昨年9月に脳内出血を起こしました。幸い、施設の方の迅速な対応で生活への影響は最小限に抑えることができました。
病院でリハビリを終えて再び施設にもどって来ることができたのですが歩行が困難になり、飲み込む力も弱くなっていました。どうなることかと案じましたが、これを機に私は介護施設についてこれまで気付かなかったことに改めて驚きました。
 アットホームふじたでは、自力で動くことが難しくなった入居者も含めて、全ての入居者に様々な生活支援策が講じられているのです。年間を通じて四季折々のイベントがあります。年頭の祝賀行事に始まり、桜の花見、屋上での花火見物、だんじり祭見物、子供たちによる演奏会や参加行事…と盛り沢山。外食ツアーも企画され、屋内から屋外まで多彩です。
 日頃から、寝たきり防止のために理学療法士のもとでの定期的リハビリ体操も実施されています。医療サービスも、内科から歯科、さらに眼科の往診まで広く体制が整っています。便秘薬の服用から目薬の点眼まで、安心の対応です。
 また、母の部屋に宿泊して知ったのですが、夜間対応も万全です。就寝後も2時間おきに体位を変えることで床擦れを防ぎ、同時にオムツ交換による細菌感染対策にも配慮されていました。まさに24時間安心安全サービス体制により、<穏やかな老後>を送る仕組みができ上がっていました。

 私はこの施設と、そこに働く職員さんたちとの出会いによって母にとって「第2のわが家」を得た思いです。
 母の笑顔を目にするたびに、「アットホームふじた」という介護施設に感謝しています。今ではたこ焼きも自分で食べられるようになりました。みなさん、どうもありがとうございます。  本上 圭介

posted by athome-fujita at 19:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

「ふじただより」88号を発行しました(7月3日投稿)

このところ夜も蒸し暑いですね。熱中症にならないよう、意識して水分を補給するようにしていますが、それでも何かに熱中していると、のどが渇いていることがあります。皆様も、どうぞご自愛ください。

さて、本日「ふじただより」88号を発行しました。下をクリックしてご覧ください。
ふじただより88外部向け.pdf

今号では、近隣のポッポ保育園の園児さんたちを迎えて行った「父の日・母の日イベント」を中心とした紙面となっています。ぜひご一読ください。
posted by athome-fujita at 19:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする